大稲タクシー

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

【わが社の事故防止のための安全方針(株式会社福岡ハイヤーサービスを含む)】
旅客の生命を預かるタクシー事業において、「安全の確保は、事業活動の根幹である。」と位置づけております。
【社内への周知の方法】
わが社は、「『安全・親切・迅速』をモットーに、お客様に常に喜ばれるサービスを提供する」ことを基本理念とし、これを社内の複数箇所に掲示して、一斉点呼の際や新たに社員が入社した時点では、この基本理念とともに「安全方針」の確認を行っております。
【安全方針に基づく目標】
全社を挙げ、年間を通した「無事故」を目指します。
【目標達成のための計画】
「無事故」を目指して、2015年4月よりスタートの『班制度※』を活用する等、事故の撲滅に向け全社を挙げて取り組んでいます。
※ 『班制度』とは、2003年4月に設けた『事故防止班長制度』、2009年度に設けた『安全サービス班長制度』を発展させて、年間を通して安全とサービスに関する各種の取り組みを行う制度です。

班制度における各班の主な取り組みは、次のとおりです。

  • ドライブレコーダーの映像を活用し、事故後「ドラレコ視聴報告」を作成し、適宜、事故を起した乗務員、班長又は班長補佐、安全管理推進者の三者で面談を実施し、再発防止の対策を行います。
  • 各班内の小集団活動にて、啓蒙活動及び事故防止スキルの共有化を図ります。

その他、会社を挙げた主な取り組みは、次のとおりです。

  • 対面点呼の際には安全運転に対する呼びかけを積極的に行うとともに、運行時には適宜、配車システムを活用したデジタルメッセージによる呼びかけを行います。
  • 事故惹起者への対策としましては、NASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)が実施している「カウンセリング付きの適正診断」を受診させて、そのレポートに基づいて、指導教育を行います。

2017年度においても、2013年7月に発生した重大事故を二度と繰り返さないために、毎月4日~7日を「大稲 安全の日」と定め、社員全員が「初心」に立ち返り、「安全に対する意識の再確認」を行い、その教訓を忘れないようにするとともに、問題や課題の修正・改善に取り組み、グループの理念である『人の営みを、豊かに「人と生きる」』『感動のサービスを提供する』という強い使命感の下、常に「お客様目線・視点」で考え行動し、旅客の安全を確保する意識の向上に、より一層取り組んでいきます。

【わが社における安全に関する情報交換方法】
班の統括マネージャー(TM)・サブマネージャー(SM)と、輸送の安全に関する組織の安全管理責任者、安全管理推進者等で、適宜、ミーティングを開き、意見交換を行うことで、各種課題の洗い出し及びその対応策の立案を行っております。
また、2016年度に設置した「経営小委員会 事故防止チーム」は、チームリーダー・サブリーダーを中心として、
1.交通事故の根絶を目指し、各種取り組みを模索する。
2.保険会社の担当者と連携し、研修の企画・運営のサポートを行う。
という重要な業務を担っています。
【わが社の安全に関する反省事項及び改善方法】
2016年度において自動車事故報告規則に規定する事故に関する統計は次のとおりです。
内 容 件 数
自動車が転覆し、転落し、火災(積載物の火災を含む)を起こし、または踏み切りにおいて鉄道車両と衝突若しくは接触したもの  0 件
死傷者又は重傷者(自動車損害賠償保障法施行令第五条第二号又は第三号に掲げる傷害を受けた者をいう)を生じたもの  1 件
操縦装置又は乗降口の扉を開閉する操作装置の不適切な操作により、旅客に自動車損害賠償保障法施行令第五条第四号に掲げる傷害が生じたもの  0 件
運転者の疾病により、事業用自動車の運転を操縦することができなくなったもの  0 件
自動車の装置(道路運送車両法第四十一条各号に掲げる装置をいう)の故障により自動車が運行できなくなったもの  0 件
前各号に掲げるもののほか、自動車事故の発生の防止を図る為に国土交通大臣が特に必要と認めて報告を指示したもの  0 件

(車両保有台数:小型車57台、特大型車1台 ドライバー:約110名)2017年4月1日現在

事故内容や状況などを事例としてまとめ、社内に掲示するとともに、全乗務員に対し点呼の際に、注意喚起を行い、事故の再発防止に努めてきました。
さらに、上記の班制度等を活用して、事故撲滅に向け、取り組み内容を見直していきます。

安全方針に基づく目標の達成状況
(過去5年間の自動車事故報告規則第2条に定める事故件数)
年度 自動車事故報告規則
第2条に定める事故件数
目標
2016年  1 件(事故内容:二輪車運転者1名重傷) 達成できず
2015年  0 件(事故内容:なし) 達成
2014年  1 件(事故内容:歩行者1名重傷) 達成できず
2013年  1 件(事故内容:歩行者1名死亡) 達成できず
2012年  1 件(事故内容:歩行者1名重傷) 達成できず
【輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統、内部監査体制】
内部監査体制
【事故・災害・事件等発生時の通報・連絡体制表】
通報・連絡体制表

2017年4月1日
大稲自動車株式会社

PageTop

CMギャラリー

CM
ラジオCM

ぬくもりを、いつも。大稲タクシー

大稲タクシーは皆様の生活の安全をまもる新時代のサービスを目指しています
大稲タクシーの取組み
PageTop